前撮り撮影レポート〜色打掛編〜

今回は白無垢編に引き続き、色打掛編です!
色打掛ではローケーション撮影を行った後、スタジオに戻って撮影を行いました。

わたし達が撮影した時期は雛祭り前ということで、お雛様の人形がたくさん飾ってありました。
また、こちらの撮影した場所は映画『三月のライオン』のロケ地にもなった場所らしくて、前撮りの撮影に人気が出たらしいです!

2月の岩手は例年よマシなものの雪も若干積もっていて極寒でした!
ただ、わたしは色打掛がものすごく厚手て全く寒さを感じませんでした(笑)
和装でのロケーション撮影で夏だったら相当辛いだろうなと思いました。

まずは髪型から、、
色打掛では髪型を洋髪スタイルにチェンジ!髪飾りも丸いお花をたくさんつけました!
あとは赤の反対色で映えるように緑もたくさん入れてます!

洋髪は後ろから見ると相当こんもりしていて、ボリューミーにしてもらいました!
横から見ると意外と違和感なく収まっていて、むしろこれくらいボリューミーにしないと寂しい感じになるかな?
アクセサリーはとにかく丸いお花をメインでつけてもらいました。
全体的に丸いヘアアレンジをイメージしました!

そして撮影に入るわけですが、関東出身の主人は寒い寒い言っておりまして、若干顔もこわばってる気が・・・(笑)
公民館みたいなところで、廊下は比較的寒いです。

花嫁はこれが基本姿勢らしい

その後は室内での撮影。これはお決まりポーズですよね。
やっぱり強張ってる(笑)

本当この写真見返すと、お揃いの打掛のメイちゃんと一緒に撮影すればよかった。FTWの「ウェルカムスペースのアイテム考えてる時に、和装のコスチューム着せてあげればよかったー!と思ってかなり遅かったです。
しかも色打掛バージョンもあるから、お揃いの色探して一緒に写真写したかったな・・・。。


前撮りの撮影をこれから控えている花嫁の皆様には、やりたいポーズや持ち込みたいアイテムは考えてから挑んだ方がやり残しがないですよ!と伝えたいです(笑)

撮影のデータが届いたら、カメラのキタムラにてフォトブックを作成しました!

格安のフォトブックを作ってくれるサービスよりは、少しお高めでもこちらにした理由!

・写真印刷ができる
色の再現性、発色が全然違います!
前撮りは安いものではないので、良い素材で残したいですよね。

・前撮りした写真館で作るより断然安い
増刷って意外と高いものですよね。
わたしの場合は、こちらで作った方が全然安く作れました!
あと、FTWは特に増刷が高いので、ミラコスタの写真室からデータが届いたらまたこちらで作る予定です!

・カスタマイズできる
自分の家族にはわたしのピンの写真を多く入れるようにとか、自分たち用には全体的にバランスよく入れるようにとか、カスタマイズが簡単にできます!

・とにかくWEBアプリが簡単!
写真をアプリにアップロードして好きなところに配置していくだけなので簡単に作れます!

こちらは挙式後のゲストの控室用のウェルカムスペースに一冊、鑑賞用として置いておきました!
わたしたちの披露宴は開始時間が10分ほど押してしまったので、こういうのがあって良かったと言っていただきました。参考になったら嬉しいです!

えってぃ
  • えってぃ
  • バリバリ働きたい
    かっこいい女性でいたい
    でも美しくいたい
    そんな女性が憧れる女性になりたい
    でも幸せがいちばん!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です